イヴォン・タイランディエ(YVON TAILLANDIER)

1926年、フランスで生まれる。15歳で初個展。
1949年に、"物語り風アート"を発表。その内容は、"精神的束縛のない形"である。
1945年創設の"サロンドメ展"の重要な委員として活躍。現代アーティストを数多く世に誕生させた。彼曰く、絵画とは想像上の活動的な人物を色彩により表現することである。
又、ジル ド ワトーの完璧な神が、不完全なこの世を叫びつづける間にも、タイランディエ ランドのユートピアのように、お祭りはたけなわである。








[ARTIST INDEX]
[
PIOTR KOWALSK][JEAN PIERRE RAYNAUD]
[
JEAN PIERRE CHARRIERE]