ピョートル・コワルスキー(PIOTR KOWALSKI)

 1927年、ポーランドに生まれる。1947年から1952年まで、マサチューセッツ工科大学で科学と建築を学び、1953年にパリを根拠地とし作家活動を始める。
1961年、パリにて初個展。以後、国際的彫刻家活動を始める。
彼の作品は、科学を用いて芸術に変貌させたものであり、その作品は大変ユーモラスで、時にはマジシャンの手から生まれでるような想像豊かなものである。
人はいう。現代のレオナルド・ダヴィンチであると。
その活躍は、数多くの個展、グループ展、又はパブリックアートとして、絶大な評価をうけている。







[ARTIST INDEX]
[
JEAN PIERRE RAYNAUD][YVON TAILLANDIER]
[
JEAN PIERRE CHARRIERE]